Web面接で気をつけるべきこと

Web面接で気をつけること【転職活動日記】

Web面接をしました

現在、私は転職活動をしております。
そして、先日1次選考を突破した会社とWeb面接をしてきたところです。

本記事では、Web面接をした者としてWeb面接の注意点を書いていきます。
Web面接を予定している方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてみてください。

Web面接で注意すること

  • Web面接する上での心構え
  • Web面接に最適な場所
  • Web面接時のアプリ
  • Web面接時のヘッドセット
  • その他に気をつけること

Web面接する上での心構え

Web面接は面接官と直に会って話すわけではありません。
…が「対面ではないから」と気を抜いてはいけません。

通常の面接と同じ気持ち・態度・服装で臨みましょう。

志望動機や自分の強みなどは、事前に何度も復唱すること。
服装はビシッとスーツを着ること。
姿勢正しく椅子に座り、ハキハキと答えること。

面接前に練習すれば、しっかりと受け答えできるハズです!

Web面接に最適な場所

Web面接をする上で場所の選定はとても重要です。
最低でも下記の点を満たしている場所を選びましょう。

  • インターネット回線が安定していること(可能なら有線LAN)
  • 一人になれる場所であること
  • シンプルで小奇麗な部屋であること
  • 静かであること

Web面接に最適な場所としてはホテル自分の部屋あたりでしょう。
なお、Web面接では面接官に背景が見えてしまうため、できる限りシンプルな内装の部屋が好ましいです。

Web面接時のアプリ

通常であれば、会社の方からアプリの指定があると思います。
まぁ、だいたいはSkypeとかSlackだと思います。
最近だとビデオチャットサービスAppear.inで行う会社も多いようです。

Web面接時に困らないように、事前に友人等にお願いしてアプリを試しておきましょう。
最低限の使用方法はマスターしておくべきです。

Web面接時のヘッドセット

最近のパソコンには集音機器がついていますが、ヘッドセットを購入してWeb面接に臨むのが一番です。

なにも高価なヘッドセットである必要はありません。
しっかりと音が拾えて、相手に伝われば十分です。

下記の商品などで良いと思います。
ロジクール PS4/PC/Mac/スマホ対応 ステレオヘッドセット サンワサプライ USBヘッドセット

また、ヘッドセットの調整もしっかりと行っておきましょう。
Web面接当日に不具合が出ては格好がつきません。

その他に気をつけること

カメラの高さに注意!

Web面接時にはカメラの高さに注意しましょう。
カメラの位置が低すぎると、相手の画面では見下されているような構図になってしまいます。

自分の目線とカメラの高さを同じくらいにすれば大丈夫です。

履歴書等の書類は手元に置いておこう

Web面接は直前まで練習できます。
なので、手元に履歴書や職務経歴書を置き、何回も見直しましょう。

パソコン周りに付箋でカンペを貼る

Web面接の特権ですね。
パソコンの縁に付箋でカンペを貼りましょう。
ド忘れしてしまった時に、サッと確認できます。

ただし、見過ぎは注意です。あくまで自然に考え込む動作をしつつ、カンペを確認しましょう。

まとめ

この記事のまとめ
・Web面接は、通常の面接と同じ気持ち/態度/服装で臨むこと。
・Web面接に最適な場所は、自宅・ホテル等の静かで一人になれる場所を選ぶこと。
・Web面接時のアプリ/ヘッドセットは事前に試して、使い方を確認しておくこと。

以上、Web面接を経験した者としての注意点でした。

では、また!