なぜ日本の部活動は勝利至上主義なのか

なぜ日本の部活は勝利至上主義なのか

私の部活時代

私は、小・中学校に野球部に所属していました。
中学時代には県大会で優勝し、地方大会に出場しました。
あと一戦だけ勝利すれば全国大会といった場面で逆転負けし、地方大会3位の成績でした。
自分で言うのもなんですが、チームも私個人もどちらかというと”うまい”部類だったと思います。

ただ小・中学校通して部活動をやっていて、常に感じていたのは「つまらない」という感情でした。
最初は胸をときめかせて、はじめた野球でしたが、徐々に感動は薄れていきました。
打てるようになりたい、から、打てなければチームに迷惑がかかる。
スーパープレイができるようになりたい、から、ミスをすればチームメイトから後ろ指を指される。
勝っても怒られ、負けたらもっと怒られ…
スポーツをやりたいという気持ちはなくなり、ただただ無感動のまま義務感で野球をするようになりました。

高校入学の際、部活での成績が認められて野球での推薦入学の話が来ましたが、辞退しました。
高校に入ってもまだ野球をしなければならないなんて、考えられない、と…
もうその頃には、部活も野球も嫌いになっていました。


私の部活はいわゆる”勝利至上主義“でした。
勝たなければ意味がない。そのために部活をやっている、スポーツをやっている。
完全にスポーツは勝利のための手段になっていました。

私はどうしてもこの部活文化に馴染めずに、部活からも野球からも離れていきました。

私の経験から考える部活動の問題点

私の黒歴史はここまでです。
本記事の本題は「なぜ日本の部活は勝利至上主義なのか」です。
なにがここまで部活動を変えるのでしょうか。その要因を考えてみたいと思います。

本来の部活動の目的から乖離している

どの部活動も全国大会・中体連・インターハイなどに出場し、優勝するために活動しています。
それ自体は悪いことではありません。むしろ、素晴らしことだと思います。
しかし、日本の多くの部活動は本来の目的から大きく乖離していると私は思います。

スポーツを通して、楽しさや喜びを味わい学校生活を充実させることが目的であるはずなのに、あまりにも大会で勝利すること・優勝することが目的となっている部活動が多すぎます。

勝利のために学校生活をないがしろになっている場合もしばしばあります。
夜遅くまで練習したり、朝早くから練習したり、夏休み・冬休みに間断ない練習があったり、などなど…
学生・生徒の本懐は勉強することのはずなのですが…

さらには、勝利のために部活動すらないがしろになっている場合もあります。
私の部活がそうでしたね。
「全員野球」といいながら、ベンチ入りメンバーとそれ以外の部員は、全く違う練習メニューをしていました。というか、ベンチに入れないメンバーはほとんどボール拾い・用具整理・グランド整備しかやっていませんでした。
雑事の全てを押し付けてました。

かなり居心地の悪い部活動でしたね。
部活動は仲間との絆を築くためにありますが、築けた絆はレギュラーメンバーだけのものでした。


正直思うのですが、部活動って大会に出場する必要あるんでしょうかね。
チームメイトと一緒に練習して、他校と練習試合をしたりして…それぐらいで十分だと私は思います。
少なくとも、学校生活・私生活をダメにしてまでやるべきことではないですよね。

指導者の願望の押しつけ

いわゆる強豪校などにたまに居るんですよね。熱血な指導者が。
本当に素晴らしい指導者であれば、スポーツだけでなく、様々な人生訓や大切なことなどを教えてくれるのですが、ただスポーツがうまいだけの人間だとかなりの悪夢を見ることになります。

こういった人達に限って、過去の自分の成し得なかったことを引きずっていて、部員に押し付けようとします。
「自分には出来なかったが、君たちならできる。頑張ってくれ。」と。
言葉だけ聞くと、どこかのスポ根マンガのかっこいいセリフですが、部員を人間でなく、自信の夢を叶える道具としか見ていないだけです。
こういった指導者がいると、部活動は指導者中心の王国のようになってしまいます。

くどいようですが、部活動の目的はスポーツを通して、楽しさや喜びを味わい学校生活を充実させることです。
大会で優勝することでも、指導者の夢を叶えることでもありません。

スポ根という幻想

安易にアニメやマンガ・ドラマのせいにはしたくないのですが、部活動というイメージに少なからず影響を与えているのではないか、と思い、書いてみました。

部活動で懸命に努力し、その努力が実り、勝負に勝ち、そして優勝する。
とても素晴らしいことだと思います。ただ部活動の意義は「勝つこと」だけでは無いはずです。

世の中の部活動をテーマにしたドラマ・アニメ・マンガってどれも一辺倒なんですよね。
勝つことが目的・勝って終わり。ストーリー的に勝負以外に重きを置いた作品ってないのでしょうかね。

特に、一昔前のアニメやマンガはその傾向が顕著でした。
「巨人の星」や「アタックNo.1」など…超スポ根マンガが流行りに流行りましたね。

これらのアニメやマンガ・ドラマが部活動のイメージに大きな影響を与えたのではないか、と個人的に思っています。

最後に

まとまってもなく、ただ書き殴られた文章を読んでいただきありがとうございました。

最後に、注意点ですが私自身今までの人生で3つの部活しか入っていませんし、学校や部活動に取材にいったわけでもありません。
ここまで言っておいてアレですが、この記事自体、ただの私の感想です。あと半分愚痴でもあります。
あまり真に受けないことをオススメします。


以上、書きたいことは書けたので、良しとしますか←
私の愚痴に付き合っていただきありがとうございました。

ちなみに、最近になって、部活動の朝練を禁止する学校も出てきており、生徒・指導教員の負担を減らそう。学校生活の方を充実させよう。といった動きが社会に広まっています。
下記は静岡県浜松市の部活動の方針転換についてのニュースです。
中学部活、授業前の朝練禁止 浜松市教委が独自方針

とても良いことだと思います。どんどんと広まってほしいですね。