いらすとや使われ過ぎ問題

いらすとや使われ過ぎ問題

「いらすとや」について

みなさんもこんなテイストのイラストを見たことないでしょうか。

あぐらをかく男性のイラスト

あぐらをかく男性のイラスト – 出典:いらすとや

特徴がありそうでない…なんとも言えない雰囲気を醸し出すイラストですね。
このイラストは、いらすとやから持ってきたモノです。

いらすとやとは、かわいらしいテイスト、豊富な素材の数、そして汎用性の高さが人気のフリーイラストサイトです。
※いらすとやのイラストは基本的にフリーですが、有償となるケースもあります。 詳しくはいらすとや – ご利用規定をご覧ください。


学校や会社で、プレゼン用の資料を作ってみた。
けど、何か味気がないんだよなぁ…。
何か、イラストを入れたいんだけでも、絵を書く道具もないし、絵心もないしなぁ…。

…といった経験、みなさんもあると思います。

そんな時にオススメなのがいらすとやです。
いらすとやのホームページの左メニュー > 検索窓から欲しい素材を検索できます。
ほぼ毎日イラストが更新されているようで、行事ごとから時事問題まで様々なイラストが揃っています。
それはもう、思わず「なんでこんな素材があるんだよwww」って言ってしまうくらいです。

しかも基本的に無料なイラストですで、気兼ねなく使うことができます。

大変便利なサイトなので、いつもお世話になっている方も多いのではないでしょうか。

いらすとや使われ過ぎ問題

以上、いらすとやの紹介でした。
そして、ここからが本題です。

最近、いらすとやのイラストが使われ過ぎじゃないですかね。
いえいえ。いらすとやは基本フリーなので、使われるのは別に良いことですし、資料に映えが生まれるのであれば良いことです。

 
…良いことなのですが…

どうも、最近は、いらすとやのイラストが使われ過ぎて、単なる挿絵から「いらすとやのイラスト」に昇華している感じがするんです。

資料を読んでいても、いらすとやのイラストを見ると「あ。いらすとやだ。」と目がそっちに行ってしまったりします。
単なる挿絵として流せなくなってきました(笑)。私だけですかね?
メジャーになってきたと言うか。市民権を得てきたというか。そんな感じです。

 

…で、使われすぎると、どうなるか。

一般の方は、特に気にされることはないのですが、デザイナーとかですと
「あ。こいついらすとやの素材使ってんな。無料素材でサボってるやん。デザイナーなんだからしっかりとイラスト作れよ!」
…ってことが起こります。…てか、起こりました。

…別にいいじゃん。嫌ならイラスト制作費くれよ!!!

まとめ

まとめるほどの記事でもありませんが(笑)。
要は、いらすとやが様々なところで使用されすぎて、妙に浸透してきてるよね って話(というか愚痴?)でした。

ちなみに、いらすとやは影で日本を支配しているそうですよ。
こんな記事がありました。→ このまま日本は「いらすとや」に支配されてしまうのか?


はい!
オチもなく、終わりです。
では、また!

本記事のイラストの出典:いらすとや