【修理してきました】Mac book Proのキーボードとトラックパッドが反応しない現象【解決済み】

まーたMac bookが不具合に見舞われた話

やっぱりMac book Proのキーボードとトラックパッドが反応しない

不具合発生とその後

【またかよ】Mac book Proのキーボードとトラックパッドが反応しない【原因と対処法】の記事にも載せましたが、我が愛機Mac book Proのキーボードとトラックパッドが反応しなくなりました。

以下が不具合の詳細です。

  • 私のMac Book Pro (Early 2015)のキーボードとトラックパッドが反応しない
  • ただ電源ボタンだけは動く
  • 強制再起動を繰り返すと、一時的に操作ができるようになる
  • Bluetoothキーボード・マウスだと、問題なく操作できる

ふーむ。Bluetoothキーボード・マウスでの操作が可能なので、十中八九、ハードの問題でしょう。
さすがにハードの問題は手に負えないので、修理センターに行ってきました。

Apple機器修理センターで見てもらった結果

山形駅のApple機器修理センター:BIC エスパル山形店

修理に持ち込んだのはココ
BIC エスパル山形店|ビックカメラ

山形駅にあるエスパルの5階にあります。
本来は予約が必要だったようですが、不躾にもそのまま行ってきちゃいました。

専門家に見てもらったけど、ハッキリとした原因は分からず

不具合の詳細を話し、とりあえず不具合が再現できるか・原因は何かを探ってもらいました。
所要時間は約40分ほど…

すぐそばのくまざわ書店で時間を潰した後、再度訪ねてみたのですが
不具合が再現できず、原因も特定できませんでした」とのこと………。

私が操作すると、キーボード・トラックパッドは、うんともすんとも言わないのに、他の人が触ると普通に動くのか…。
どーも、私のMac Book Proはとても愛らしい性格をしているようで。

店員さん「ipdフレックスケーブルの損傷では?」

原因は(おそらく)ipdフレックスケーブルの損傷

ipdフレックスケーブルとは、キーボード・トラックパッドからの入力を受け持つケーブルのこと。

> ipdフレックスケーブル
※Amazonのリンクを貼っておいてアレですが、ケーブルの交換は修理センターで対応してもらった方が絶対良いです!

店員さんによると、正式にAppleから発表されたわけではありませんが、Mac Book Pro 2015 Retinaモデルは、ipdフレックスケーブルがバッテリーのすぐ近くに配置されており、他のモデルに比べて損傷しやすく、キーボード・トラックパッドの不具合が多いのだそうです。
※Apple公式からは特に情報は出ていないので、確定ではない。あくまでもそういう話をよく聞くよ、程度のレベルです。

ipdフレックスケーブルを交換してもらったら、うまく動きました

原因は不明、ただもし原因があるとすれば、ipdフレックスケーブルの損傷だろう。
ipdフレックスケーブルを交換して、絶対良くなると約束できないけど、それでもやってみますか?
と、店員さん。

他に打つ手もなく、これでダメだったら、キーボードとトラックパッドを丸っと交換(約6万円!)しかないという状況だったので、二つ返事でお願いしました。ちなみに、お値段は約7,800円。所要時間は1時間ほど。

結果………問題なく動くようになりました!
おかえり!我がMac Book Proよ!

まとめ

この記事のまとめ
・結局、不具合の原因は不明
・もしかしたら、ipdフレックスケーブルの損傷が原因??
・非公式情報だが、キーボード・トラックパッドの不具合は、Mac Book Pro 2015 Retinaモデルに多いらしい
・キーボード・トラックパッドの不具合が出たら、もう四の五の言わずに、Apple機器修理センターへGO!

最後に…予約もせずに、凸した私に親身対応していただいて、ありがとうございました。店員さん。