個人的に実践しているSEO対策【とんよー。式SEO対策】

個人的に実践しているSEO対策まとめ

SEOの基礎のおさらい

SEOって?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジンに対してWebサイトを最適化する手法のことです。
うまくSEO対策がなされると、Googleなどの検索サービスにて狙ったキーワードで、Webサイトを上位に表示することができます。

ネット検索から集客したい場合には、このSEOを無視できません。

SEOの目的

SEO対策の目的は、言わずもがなWebサイトへの集客、ひいてはビジネス顧客を増やすことにあります。
ネットはリアルと違い、非同期性がありますので(ある程度は)放っておいても顧客を集められます。
(たまにネットは完全に放置していても、顧客を集めてくれる!と勘違いしている方がいますが、無理です。サイトの定期的な更新も重要なSEO対策です。)

適切なSEO対策をしていれば、労力を抑えつつ、新規の顧客を獲得することは可能です。

SEOの主な手法

SEO対策というと、第六感あるいは高度な統計的手法を使って、バズるキーワードを読み当てて、コンテンツを作っていく…といったイメージがあるようですが、本当のSEO対策はかなり地味なものです。

SEOの手法は、日々アクセス数・検索ワードを分析して、そのフィードバックをWebサイトに反映する。
本当にこれだけ。けど難しい。それがSEO。

知識や技術も必要ですが、何より継続する根性が求められます。

現代のSEO

昔は、スパム的手法でも検索結果の上位に行けたのですが、今はもうできません。
検索エンジンは日々アップデートされており、検索の精度は年々高くなっています。

そんな現代でのSEO対策で、特に重要なモノは、主に下記の3点でしょう。

  • コンテンツファースト
  • モバイルファースト
  • UX(ユーザー体験)の向上

要は現代のSEOとは「いかにユーザーを満足させられるコンテンツをすばやく提供するか」です。


SEOについてさらっと振り返ってきました。
今のところ、上記の3つの主要なSEO対策は有効ですが、いつまでも有効なわけではありません。

また1年経ったら、新しいSEO対策が出てくるかもしれませんし、今やっているSEO対策がマイナスになってしまうかもしれません。
次に紹介する「とんよー。式SEO対策」も1年経てば、陳腐化するかもしれません。

SEO対策は常に、最新の情報をキャッチアップして、サイトに反映することが求められます。
フロントエンドの技術変遷といい勝負をしていますね(笑)

とんよー。式SEO対策

さて、SEOの基礎を簡単におさらいしたところで、私が実践しているSEO対策を紹介します。
名付けて「とんよー。式SEO対策」です!

…はじめに言っておきますが、かなり地味な対策ばかりです。高度なSEO対策技術を期待していた方、すみませんm(_ _)m。

とんよー。式SEO対策-まとめ

  • 最強のSEO対策は、良質なコンテンツを提供すること
  • サイトには網羅性・権威性・信頼性・独自の強みが必要であること
  • モバイル化・SSL化は必須
  • コンテンツを提供するユーザーのペルソナ設計を行うこと
  • Web記事は単なる記事ではなく、ペルソナ上のユーザーを満足させる手紙として書くこと
  • サイト構造は公開時からなるべく変更しないこと
  • パンくずリストの設置は必須
  • コンテンツのカテゴリー構造は多くても3層まで。あまりに深いカテゴリー構造では、クローラーに重要ではないコンテンツだと判断される可能性がある
  • titleタグには必ず、キーワードを入れる
  • h1タグはページに1つ、h2タグはページに3〜5つ、h3は適当に配置する。h1タグ・h2タグにはキーワードを必ず入れる。h3は適宜対応
  • h1、titleにはメインキーワード。h2、h3にはロングテールやサジェストのキーワードを入れるとなお良い
  • 各ページのtitle、h1、h2は違う文章にすること。ミラーコンテンツにならないよう気をつける
  • ミラーコンテンツが生じた場合は、canonicalタグを使用すること
  • 画像は必ず圧縮し、alt属性に詳細な情報を入れる
  • aタグにはリンク先のtitleタグ、h1タグ、h2タグに入っているキーワードを入れる。「続きはこちら」等はアウト
  • ページを更新したら、Google Serch Consoleにて申請する
  • HTMLは極力シンプルにし、表示速度を向上させて、クローラーに読みやすくすること。CSS・JSは分割すること
  • サイト内のページは、どこからでも2リンク程度で到達できるのが望ましい
  • 内部リンクは非常に有効な手段なので、不自然にならない程度に、積極的に活用すること

とんよー。式SEO対策の解説

とんよー。式SEO対策」の全てを解説していきたいのですが、さずがに長くなってしまいますので、大切な部分のみ解説していきますね。

最強のSEO対策は、良質なコンテンツを提供すること

正直、これさえ守っていればSEOの大半は成功したと言っていいでしょうね。
文字通り、ユーザーに良質なコンテンツを提供することが最強のSEO対策です。

この原則は昔から一貫しているもので、今後アップデートが起こったとしても変わることはないでしょう。
どんなWeサイトを運営することになっても、まず「ユーザーに良質なコンテンツ提供する」という意識を持っておきましょう。

サイトには網羅性・権威性・信頼性・独自の強みが必要であること

さっき、ユーザーに良質なコンテンツを提供することが最強のSEO対策ってあったけど、具体的にどうすればいいのよ?といった疑問が湧いてきますよね。
その答えがコレ。「サイトには網羅性・権威性・信頼性・独自の強みを持たせる」ことです。

世の中にSEO対策について解説している書籍やサイトは、数多くありますが、おそらく、その全てで「網羅性・権威性・信頼性・独自の強み」というワードが登場することでしょう。
それくらい大切なSEOの概念です。

ユーザーにとって良質なコンテンツとは、下記のようなコンテンツを指します。

  • 体系的かつ大量の情報をしっかりとまとめている(網羅性)
  • XXと言ったら、このサイト!のような権威性と安心感がある(権威性)
  • 信頼できる情報源である(信頼性)
  • 他のサイトに埋もれないユニーク性がある(独自の強み)

Webサイトやコンテンツを作る時は、この4点を確保できているか、確認しましょう。

モバイル化・SSL化は必須

この2つはかなり重要なのですが、未だに対応していないサイトが数多くあるのが現実です。

今やネット人口の半分以上がパソコンからではなく、スマホからアクセスしています。
サイトがモバイル非対応の場合は、ユーザーの半分以上を逃しています。かなりもったいない!
SEO的にも、ユーザービリティの観点からも、サイトのモバイル化は絶対に必要です。

また、SSLの導入もしっかりと行いましょう。
なぜかSSLを入れていないサイトが、世の中に多く存在しますが、SEO的にかなりマイナスです。
無料SSL「Let’s Encrypt」も登場したことですし、対応していない人は早急にSSL化をしましょう。

サイト構造は公開時からなるべく変更しないこと

Webサイトの構造は、公開時までにしっかりと決めておきましょう。
後々になって、不用意にサイト構造を変更してしまうと、URLやパンくずリストが変わってしまい、SEO効果が薄れるためです。

どのような階層構造にするのか?…パンくずリストをどのように表示するのか?…URLの階層は?…カテゴリーとタグはどうする?…などなど
考慮しなければいけない要素はたくさんありますが、一旦、サイト構造をしっかりと決めてしまえば、後が楽です。

サイトの構造・パンくずリスト・URL・カテゴリー・タグは、一貫した法則をもたせましょう。

画像は必ず圧縮し、alt属性に詳細な情報を入れる

意外と忘れやすいのが、画像の圧縮とalt属性の対策です。(私もよく忘れています…)

Webページを重くする要因として、よく挙げられるのが画像です。素早く表示するためにも、画像の圧縮は必須なのです。
Webページの素早い表示は、ユーザーに快適な体験を与えます。ひいては、ユーザーの満足するコンテンツとして認識され、SEO的にも大きな効果を得ます。

画像の圧縮にはTinyPNGを利用することをオススメします。
ドラッグ&ドロップで簡単に画像を圧縮できます。
もともとPNGを圧縮するためのWebサービスですが、JPEGにも対応しています。
画像をサイトにアップロードする前に、一度TinyPNGで画像を圧縮しましょう。

WordPressを利用している方は、画像圧縮プラグイン「EWWW Image Optimizer」がオススメです。
EWWW Image Optimizerを入れておくだけで、画像のアップロード時に、自動的に圧縮してくれますし、メディア内の画像を一括して圧縮することも可能です。


また、画像のalt属性は必ず埋めましょう。
人間が画像の意味する事を認識するのは簡単ですが、クローラーには困難です。
1語、2語の単語ではなく、シンプルな文章でしっかりとalt属性を設定しましょう。

aタグにはリンク先のtitleタグ、h1タグ、h2タグに入っているキーワードを入れる。「続きはこちら」等はアウト

ちょっと技術的な話になりますが、aタグの文章には、リンク先の重要なキーワードを入れましょう。
よく「続きはこちら」とか「気になる方はこちら」のようなリンクを見かけますが、こういったリンクは完全にアウトです。
クローラーはこういった点をよく見ています。

aタグの文章とリンク先はしっかりと関連付けましょう。

ページを更新したら、Google Serch Consoleにて申請する

これもかなり忘れがち。。。

Webページを更新したら、必ずGoogle Serch ConsoleでFetch as Googleで更新したページを申請しましょう。
特に、Webサイトの重要なページや大きく改善したページであれば、忘れずにすぐに申請することをオススメします。

ちなみにとんよー。ブログのSEO対策は?

とんよー。ブログのSEO対策はぶっちゃけ、ほとんどやっていないです(笑)
心がけているのは「良質なコンテンツを提供すること」ぐらいですかね。
実践できているかは置いておいて…

とんよー。ブログは、もともと半分趣味・半分Webサイト製作の実験のために作ったサイトでして、SEO対策はあんまり考慮していなかったです。
また、いわゆる雑記ブログなので、SEO対策が難しい。検索結果の上位に食い込むことは、まずないでしょう(笑)

まとめ

この記事のまとめ
・SEOとは、検索エンジンに対してWebサイトを最適化する手法のこと
・適切なSEO対策をしていれば、労力を抑えつつ、新規の顧客を獲得することが可能
・SEOの手法は日々アクセス数・検索ワードを分析して、そのフィードバックをWebサイトに反映する。これだけ。かなり地味
・現代のSEOとは「いかにユーザーを満足させられるコンテンツをすばやく提供するか」が肝
・とんよー。式SEO対策-抜粋
 ・最強のSEO対策は、良質なコンテンツを提供すること
 ・サイトには網羅性・権威性・信頼性・独自の強みが必要であること
 ・モバイル化・SSL化は必須
 ・サイト構造は公開時からなるべく変更しないこと
 ・画像は必ず圧縮し、alt属性に詳細な情報を入れる
 ・aタグにはリンク先のtitleタグ、h1タグ、h2タグに入っているキーワードを入れる
 ・ページを更新したら、Google Serch Consoleにて申請する

最後に:SEO対策において”銀の弾丸”は存在しない

今回紹介したSEO対策以外にも、様々な手法がありますが、確実に言えるのはSEO対策において銀の弾丸は存在しないということです。

これをやったら、絶対に検索結果で上位に行ける!という手法は存在しないのです。
たとえ流行りの手法で上位に行ったとしても、1年もすれば、検索エンジンのアップデートによって、順位は落ちていきます。

SEO対策で大切なのは、「毎日!コツコツと!良質なコンテンツを提供する!」こと。
ただそれだけです。