センスを磨くために実践していること

センスをつけるために実践していること

センスの正体と身につけ方

以前に私はこんな記事を書きました。センスの正体とその身につけ方です。
> センスの正体と身につけ方
この記事を簡単にまとめると下記のようになります。

「センスの正体と身につけ方」のまとめ
・センスの正体は経験値。ゆえに後天的に学習可能。
・良いモノにも悪いモノにもたくさん触れて、経験を積めばセンスは作れる。

さて、センスは様々な経験をすれば身につけられるというのが分かりました。
が、具体的にどんな方法をとったら、センスを身につけられるのか。
「良いモノにも悪いモノにもたくさん触れて、たくさん経験を積む」とか抽象的な解決策でなくて、もっと具体的な方法を教えてよ!って声が聞こえそうなので、今回は私がセンスを磨くために実践していることを紹介します。
デザイナー向けのセンスの磨き方です。

センスの磨き方は分野にもよりますし、人それぞれでもありますので「まぁ、こんな方法もあるんだなぁ」ぐらいに見ていただければ幸いです。

私が実践しているセンスの磨き方

  • 良質なデザインをたくさん見る
  • デザイン誌を読んでみる
  • 美術館・博物館の展示会に行く
  • イベントや勉強会に参加する
  • アウトプットもする

良質なデザインをたくさん見る

私はWebデザイナーですので、気になったデザインがあればブックマークしたり、自分のパソコンに保存したりします。
そうして自分のためにデザイン見本帳を作っています。
アイディアで行き詰まった際は、この自分用デザイン見本帳をパク参考にしています。

他にも、良質なデザインをまとめたキュレーションサイトやメディアサイトも参考にしています。
かなりメジャーなサイトばかりですが、私がよく見ているのが下記のサイト達です。Pinterestなんて毎日見ていますね。

デザイン誌を読んでみる

デザインのインプットをインターネットのみに限ってしまうと、視野が狭くなってしまいます。
なので、デザイン誌からもインプットを行っています。
私がよく読んでいるデザイン誌は下記です。これもメジャーなモノばかりですね。
CGWORLDは単なる趣味です…

他には雑誌に限らず、デザインがキレイな本やイラストレーションが魅力的な本があれば、併せて購入しています。

ちなみに、最近デザインに一目惚れして購入した書籍が下記の2冊です。どちらもビジネスに関する本です。
内容もとても素敵なのですが、何より2冊とも本当に優れたエディトリアルデザインが施されています。
ただ眺めていても楽しい本です。

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書 働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える

美術館・博物館の展示会に行く

地方には美術館・博物館の絶対数が少ないのがネックなのですが、よく企画展が地方巡業で近くまで来た時に、足を運んでいます。

やはりインターネットや雑誌で見るより、実際に自分の目で見て、体験するほうがよっぽど良い経験になります。

ここでポイント!
より効率的にセンスを磨くためには、自分の興味のない美術館や博物館・展示会に思い切って行ってみることです。
思わぬ衝撃やインスピレーションに出会える可能性大です。

普段目にしている分野ですと、目が肥えてしまって、新鮮さがなくなっていきます。
新しい風を吹かせよう!ぐらいの気持ちで軽く訪れてみることをオススメします。

イベントや勉強会に参加する

私はデザインやアートのイベントよりかは、プログラミングの勉強会に参加することが多いです。

イベントや勉強会の情報は主に下記のサイトから探しています。
プログラミングに関する勉強会が主ですが、中にはUI・UXやデジタルマーケティングなどの勉強会もあり、「デザインは分かるけど、プログラムはちょっと…」という方にも有益な情報が載っています。

アウトプットもする

インプットしただけでは思考の整理がつきにくいです。ただ単に頭に入れただけですから。
しっかりと自分の言葉で、アウトプットすることでアイディアや考えがまとめられます。

私はこのサイトをアウトプットの場にしようと思い、ブログを始めました。
ブログを書いてみて初めて気がついたのですが、情報を「人に読まれる文章」に落とし込んでいくことって、かなり考えをまとめる訓練になります。
少なくとも論理や起承転結などを、自分でしっかりと考えないといけないですからね。
実際まとまっているかは別として…

もっともっとこのブログにて、インプット→アウトプットを増やしていく所存です!

まとめ

この記事のまとめ
・私の実践しているセンスの磨き方はこんな感じです。
 ・良質なデザインをたくさん見る
 ・デザイン誌を読んでみる
 ・美術館・博物館の展示会に行く
 ・イベントや勉強会に参加する
 ・アウトプットもする

他にも「スクラップ帳を作る」とか「思うままにドローイングしてみる」とか、センスの磨き方はいろいろあるでしょう。

人によって合う・合わないもあると思いますので、皆さんもぜひいろいろ試してみて自分なりのセンスの磨き方を見つけていただければ、と思います。